東京ゆく猫くる猫bLog:

東京の街猫たちとの日々(旧TokyoStreetCats bLog)

今はなきテントウムシ 



 ゴールデン街のはずれ。まだラブホテルの残骸が残っていた頃。

 取り壊された今となっては、ちょっぴり懐かしい目隠しのテントウムシ。
 あ、テンが三つしかないね。

桜の下で 



 春の柔らかい空気の中で。

 期限いいのか悪いのか、まるで隈取りにような顔。

そこに何がある? 



 中野にて。

 彼女がここにいるのを見たのは、この時だけだ。
 何があったの?

ストラップの効果 



 コンパクトカメラを多用していますが、カメラに付けるストラップには
 ちょっとだけ拘りがあります。
 付属のストラップでは付け心地が悪い場合が多々あり、
 そんな時にはCHUMSというメーカーのストラップに付け替えます。

 i4RにもCHUMSのライトグレーのストラップが付いています。
 付属のストラップがどんなのだったかもわすれましたが、
 ネックストラップだったかもしれません。
 でもね、ストラップの取り付けが、なんと左手側にあるんですよ。
 ネックストラップならまだしも、ハンドストラップで左手側というのは
 かなり最悪です。ほとんど意味がありません。

 んが。
 一つだけ効能が。
 プラプラさせていると、猫ちゃんあやすのに良いのよね。
 それだけです。

アナザー 猫国の入口 



 去年の年末に『猫国の入口』という記事をアップしました。
 この時は、一眼レフの50mmを使っていました。
 狭い場所の割に50mmに画角はちょっと窮屈に感じたんでしょう。
 で、ちょっと画角の広いi4Rを使ったんだと記憶してます。

 表情もちょっと違いますね。
 やはり一眼レフは身構えちゃうかな。
 ちっちゃいカメラなので、心なしか猫ちゃんも落ち着いているように見えます。

ちょっと頭がカイーノ 



 頭がかゆかったんですかね。

 車の縁で後頭部を『カイーノ』してました。

エキストラ の 正体 



 さっきのエキストラ・オヤジ猫の正体はこれだ。

 って、ただのオヤジ猫であることに違いはない。

エキストラ 



 主役の子猫ちゃん(とは思えない)の根性座った表情も良いですが、
 バックのオヤジ猫のとぼけた表情がまた良いね。

赤だから 



 いつもは、ぴゅっ、と逃げる子なんだけど。

 今日はモデルさんになってくれるのは、僕のカメラが今日は赤いから?

またも代打のi4R.でレタスちゃん。 



 この写真は2006年12月に本家ブログにアップしている。この時はフィルムが切れてi4Rを使ったんだ。つまり、この時も代打のi4R。結構良いヒット打つよね。以下、文章は本家ブログ掲載のまま。

 阿佐ヶ谷スターロードのアイドル、レタスちゃん。八百屋さんのアイドル猫なんですが、最近は近所の不動産屋さんに出張して、そちらのアイドル猫も兼任しているそうです。
 とある日曜日、彼女にお会いしたらちょうど出動中のご様子。不動産屋さんに着いたけど、まだ開店前で扉が開かないの。一生懸命に中を見つめて、「早く開けて~」って顔してた。