東京ゆく猫くる猫bLog:

東京の街猫たちとの日々(旧TokyoStreetCats bLog)

数打てば当たるか 



 ハーフサイズカメラの僕にとっての一番の魅力は、「たくさん撮れること」でした。文字通り、普通の35mmフィルムの半分のサイズですから、36枚撮りのフィルムだと72枚は撮れることになります。今の時代、デジタルカメラで、メディアも安くなってますから36枚とか72枚とかは、あっという間に撮れてしまいます。ダメなカットは液晶画面見ながら消せばいい。でも、フィルムの場合は違います。一回ボタンを押せばフィルムは一枚分前に進み、後戻りは出来ません。そして、撮り終わると現像しなければ撮った絵が出てきません。つまり一枚一枚撮り重ねて、最後まで撮って初めて絵が出てくるのです。そしてそこには、フィルム代と現像代のコストがかかります。そこで、ハーフサイズカメラのメリット、一本で二本分ですから、フィルム代と現像代のコストもハーフになるのです。
 と、ここまではいい話なのですが、当然デメリットもあります。当たり前のことですが、ハーフサイズですので一枚あたりの画質が落ちます。デジカメ風に考えると画素数が半分になるわけです。ただですね、フィルムの持っている情報量というのは、デジカメ画像よりも遙かに多いのでありまして、諸説はありますがフルサイズで1000万画素以上あると言われていました(ISO100フィルム)。なので、ハーフサイズで500万画素程度。そう考えると落ちるとはいえ、用途によっては十分な画質といえるでしょう。

 ということで僕の場合、財政の厳しい時期にはハーフサイズカメラを時々使っていました。デジタル一眼を買う前までですが。

コメント

はじめまして。

DUFFと書いてダフと言います。
僕は九州は北九州に在住していますが、猫が大好きです。
最近一眼レフを始めたばかりなんですがフィルムって¥結構かかりますよね。
でもあのポジの透明感は気に入ってますしネガの少し荒いところもモノクロにするといい味が出て好きです。
ちょっと拝見させて頂きましたが僕の好きな写真が多く夢中になって時間の経つのを忘れてしまいました。(笑)
よろしかったら僕のブログにリンクを貼らせて頂きたいのですがいいでしょうか?

DUFF #- | URL | 2007/05/12 20:56 * edit *

#DUFFさん

 DUFFさん、はじめまして。拙ブログへのお立ち寄りとコメントありがとうございました。リンクの件、もちろんOKです。後日こちらからも。
 北九州なんですね。なぜか、私の場合、写真関係でネット上での知り合った方って北九州の方が多いんですよ。はじめた頃に色々教えていただいた師匠(写真屋さん)が北九州の方だったと言うこともあるんですけど。なので、写真が盛んな土地だなぁと言う印象がありますね、北九州には。
 銀塩写真も、最近特にお金かかったり、先行き不安ばっかりですが、精一杯楽しめたらいいですね。
 また、遊びに来てください。今後ともよろしくお願いします。

S-yama #- | URL | 2007/05/14 03:17 * edit *

リンクさせて頂きました♪

yamaさん、お言葉に甘えてさっそくリンク貼らせてもらいました。
師匠が北九州出身だったんですね!
ん~なんだか親近感がさらに湧いてきましたよ!(^^)
yamaさん、本家サイトの方も観覧いたしました!
ポジの素晴らしさ!ハッキリと理解できました!
これからもよろしくお願いします!

DUFF #- | URL | 2007/05/15 00:43 * edit *

#DUFFさん

DUFFさん、レス遅くなってすみません。
私の方からも'BlogPeople'でリンクさせていただきました。
本家サイトにもお立ち寄りありがとうございました。最近全然更新してませんが、たくさん撮っていた時期の写真がありますので、ポジ・ネガ・モノクロ、いろいろ数だけはあると思います。
また、よろしくお願いします。

S-yama #- | URL | 2007/05/23 03:07 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://syama.blog3.fc2.com/tb.php/654-870175c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)