東京ゆく猫くる猫bLog:

東京の街猫たちとの日々(旧TokyoStreetCats bLog)

掘り出された川辺の猫 6 



 堀-川シリーズの最後。
 締めはやっぱりカイカイ写真で。
 気持ちよさそうでしょ。

掘り出された川辺の猫 5 



 ちょっと引っ込み思案だったこの子。
 人慣れしていても危ないし、
 人慣れしていないとなかなか暮らしていけない世界。
 どうしているかな。生きているとすると。

掘り出された川辺の猫 4 



 今日はとても寒い帰り道だった。
 5回くらいかな、雄叫びともつかない声を上げながら帰った。

掘り出された川辺の猫 3 



 どうして、こんなこと、簡単にやっちゃうんだろ?

掘り出された川辺の猫 2 



 この写真、たぶんレンズはプラナー50/1.7だと思います。最近では、なかなか50ミリで猫写真を撮っていませんので、久しぶりに見ると、自分が撮った写真ではないように思えますね(笑)。

掘り出された川辺の猫 1 



 もう一つのブログに書きましたけど、古いフォルダーから画像を発掘中です。その中に、本サイトに掲載した「川辺の猫」シリーズのモノクロ写真がいくつか出てきました。データを見ると、アグファのネガカラーHDC400を使っています。あんまり色が出なかったので、ネガカラーをモノクロネガモードでスキャンしたんだと思います。なので、ちょっとモノクロの雰囲気が違います。
 と、いうところで、まず一枚目。右前足が画面から切れているのが惜し。ちょっと哲学者的な風貌をしてますけど、まだまだ子猫です。もっと小さいときから追っかけていましたので、僕にもかなり慣れてくれていました。